プロフィール

☆シャナ☆

Author:☆シャナ☆
ゆっくりゲーム記事を書いていきます。
書いていく記事はランダムです、暖かい目で見てください。

後、画像の無駄転載は著作権等で禁止です、やめてください。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は早くに次を書きましたが…このままのペースかは疑問です; 前回の懲罰房から無事に復帰した主人公、そこへ…シエルからお礼とお話があると。

2014-10-15-235928.jpg

2014-10-15-235939.jpg

2014-10-16-000015.jpg

お話を聞いてみると…これからのブラッドでの戦闘についての相談で、遠距離の攻撃を重視しようという提案でした。
そこで、バレットエディットの技術を教えるのを含め…シエルの作ったバレットの研修実験に付き合って欲しいと。
もちろん良かったので、早速任務へ…。

2014-10-16-000634.jpg

2014-10-16-000528.jpg

そして、実験してみて…いくつかのバレットに変化が出た様です、良い方向に向かって…。
ただ、まだ研究や解析しないと分からず…とりあえず整備班に相談という事になりました。

2014-10-16-071028.jpg

2014-10-16-071034.jpg

実験が終わった後、ギルに話しかけられました。
どうやら、前回のシエルの事での行動への意見らしいです…。
無茶はするなと…万が一があった時、それを他の人が背負い続けると…。
分かっていても…痛い言葉ですね、でも…だからといって、仲間を捨てる様な事が出来ないです。

2014-10-16-071156.jpg

そして、ラケル博士に呼び出されました。
前回の一件で、シエルの血の力に目覚めた事についてです。

シエルの血の力は「直覚」と呼ばれ…シエルが見たり知ったアラガミの情報を周りに伝達し共有する、とシエルらしい力ですね。

2014-10-16-071205.jpg

更に、主人公の血の力についても分かり…主人公は「喚起」と呼ばれ、ラケル博士によれば…心を通わせた者の真の力を呼び覚ます…と言われ、他の人の意思を増幅させ…また自分の限界すら越えるかもしれない力、らしいです。
正に主人公に相応しい力でしょう。

2014-10-16-071649.jpg

2014-10-16-071657.jpg

2014-10-16-071715.jpg

さて、話も終わり…待機しながらフライヤで極東支部へ移動してます。
その中、赤い雨が降り…外出禁止状態です。

2014-10-16-071742.jpg

2014-10-16-071749.jpg

赤い雨…ここ半年で観測され始め、異常な気象現象で赤い色をした雨が降り続けます。
そして、この雨に人間が触れると…高確率で「黒蛛病」と呼ばれる症状が出ます。
この病気は、初期段階は風邪に似た症状ですが…病気が進行するにつれ吐血や身体機能の著しい低下によって衰弱し…最後には黒い蜘蛛の様な模様が身体に現れ、死亡してしまいます。
尚、現段階での有効な治療法が無く…発症した場合…致死率は

2014-10-16-071754.jpg

……100%と、なっています。

つまり、赤い雨に濡れる=死、と思っても間違いではありません。

2014-10-16-071812.jpg

2014-10-16-073137.jpg

さて、そんな話をしてると…赤い雨を抜け、極東支部が見えてきました。

2014-10-16-071937.jpg

2014-10-16-071947.jpg

極東支部に着き、支部長のサカキ博士に会いました。
前作でも何かと前主人公がお世話になり…いろいろありましたが、全然変わっていませんね;
さて、サカキ博士からお話があり…今極東支部で問題を抱えてる状態らしいです。

2014-10-16-072017.jpg

1つは先程の黒蛛病…現在も有効な治療法がなく、感染者も増えて…何か有効な手立ては無いかと言う事です。
これは流石に…研究するしかなく、難しい問題です。

2014-10-16-072043.jpg

2014-10-16-072051.jpg

次に、前に戦ったマルドゥーク等のアラガミ…感応種についてです。
感応種については前にも書きましたが…強力な感応派によって周囲のアラガミを従え、更に神機もアラガミの一種である為…機能停止してしまうのです。
しかし、ブラッドの人達は…血の力によって対抗出来るのです。

2014-10-16-072111.jpg

なので、この2つの問題解決に…協力して欲しいとの事。
もちろん、受けますし…協力していきたいです。

2014-10-16-072146.jpg

話をしてると…コウタが報告で入って来ました。
前作に比べ…見違える程に大人になってますね。

2014-10-16-072314.jpg

2014-10-16-072400.jpg

2014-10-16-072419.jpg

で、話が終わり…うろうろしてたらエミールと知らない女の子に話しかけられました。
エミールは以前に知り合ってますが…隣の女の子は初めてです。
エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ…とエミールに負けない位長い名前です;
実はこの女の子…前作で物語始めに戦死したエリックの妹で、女の子という名前で前作でも登場してました。
それが、ここまで成長してるとは…いやはや、早いものですね。
しかし、兄を追ってか分かりませんが…同じ神機使いの道を行くとは、何とも言えないですね…。
話してるとコウタも来て…この3人を含め、今はコウタが隊長になって第一部隊をやっているらしいです。
第一部隊のメンバーもコウタ以外は異動してるみたいですね。
因みに、隊長だった前主人公は…今はクレイドルと呼ばれる支援部隊に入って、極東支部から離れて活動してる様です。
他はまだ分かりませんが…いずれ会いたいですね。

2014-10-16-072717.jpg

2014-10-16-072653.jpg

2014-10-16-072757.jpg

そして、極東支部のブラッドの部屋で話をしてると…ユノさんが来てくれました。
改めて自己紹介をしてもらいましたが…ロミオがユノさんに会えた事で大はしゃぎ…もう少し落ち着きなさいよ;
隣にはマネージャーも居て、ジャーナリストでもあるらしいです。
彼女から…ユノさんとお友達になってあげてと、主人公としてはもちろんなりますよ。


さて、こんな所です。
これからしばらくは…極東支部で活動するみたいです。
前作からいくつか改築されていて、懐かしいながらも新鮮ですね。

ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。