プロフィール

☆シャナ☆

Author:☆シャナ☆
ゆっくりゲーム記事を書いていきます。
書いていく記事はランダムです、暖かい目で見てください。

後、画像の無駄転載は著作権等で禁止です、やめてください。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新シリーズようやく開始しました。
今回はストーリーを重視して書いていきます。

因みに、ネタバレを含む為…読む場合はご注意を。 て事で、ゴッドイーター2を始めていきました。

2014-07-16-003721.jpg

実は既にある程度やっているのですが…テラリアとかの新しいゲームばかりやっていてずっと放置していました;

なので、新しく始めていきました。

2014-07-16-004143.jpg

キャラは女性で、名前はシャナです。
ではストーリーを始めて行きます。

2014-07-16-004338.jpg

これは移動都市、です。
今回の拠点となるべき場所です。
その移動都市を見て荒ぶるアラガミ…。

2014-07-16-004357.jpg

いずれ倒す敵でありますね…。

そして、主人公、シャナの神機使い…ゴッドイーターとしての適合試験です。

2014-07-16-004540.jpg

2014-07-16-004559.jpg

簡単に説明すると…神機使い、ゴッドイーターとは、アラガミに対抗する為に…アラガミの持つコア…つまり心臓みたいなのを使って神機を作り、更に偏食因子と呼ばれる細胞を人間にも投与してアラガミに対抗する力を身につける事…これがゴッドイーターなのです。
しかし、これは非常に危険な事で…適性が合わないと投与した細胞に侵食され、最後には自らアラガミになってしまうのです。
更に、投与した時点で…定期的に細胞を投与しながら制御をしないと、細胞が暴走し最後にはアラガミになってしまうのです。

と、いろいろとおかしな感じですが…敵を倒すには相手の能力を使うしかない感じです。
因みに、アラガミになったりしていたのは最初の頃だけで…今はちゃんと調べた状態で適性検査をし、更に制御も腕輪でしっかりされているので、今は基本的にアラガミになる事はほとんど無いです。
しかし、アラガミの構成する細胞は…アラガミが倒されても消えずに霧散するだけで、時間が経てば再びアラガミが生まれる事になっている為、いくらアラガミを倒そうが完全に駆逐する事は出来ず…所詮いたちごっこみたいな状態でしかないのです。

話を戻して、主人公…シャナの適合試験の結果ですが……

2014-07-16-004651.jpg

2014-07-16-005227.jpg

ちゃんと成功しました。

2014-07-16-005641.jpg

それで初期装備ですが…私はスピアを選びました。
前作はバスターを使っていましたが、今作から新しく追加されたスピアを体験版から使っています。
銃はアサルトタイプで、盾は適当に…て感じです;

さて、偏食因子が身体に馴染むのに時間がかかる為…拠点の中を見て回りました。
拠点の中に庭園があり、そこに人が居ました。

2014-07-16-005938.jpg

彼はジュリウス、ブラッドの隊長らしいです。
優しく、責任感もある…正に隊長という風貌をしています。
因みに、ブラッドとは…ラケル博士によって作られた部隊で、高い潜在能力を秘めたゴッドイーター達によって…今までのゴッドイーターを導く存在であるらしいです。
もちろん、主人公もブラッドの一員らしいです。

2014-07-16-010446.jpg

次に訓練を終わらせると…ロビーで食事をする女の子が…。
彼女はナナという、主人公と同じ時にブラッドに入って来た人らしいです。
しかし…このおでんパン、普通に美味しそうなのはわかります…だけど、串ごと食べるのはどうかと思います;

2014-07-16-010946.jpg

更に訓練してたら…新しい人に会いました。
ロミオという、ブラッドに入ってる先輩みたいです。
何でも教えてくれるらしいですが…誤魔化されて行ってしまいました;
うーん…あまり頼りにならない先輩みたいです;

さて、訓練の合間に講習です。
ちゃんと勉強もしないと、ゴッドイーターは務まりませんからね。
先生はこの移動拠点での副開発室長でブラッドの創設者で科学者、ラケル博士です。
ラケル博士はジュリウスのお母さん的な関係らしく、お若いながらも何か引かれる感じがあります。

2014-07-16-011121.jpg

さて、講習の内容ですが…アラガミとゴッドイーターの歴史と、主人公達ブラッドの事ですね。
今だに世界はアラガミによって滅びかけていますが…主人公の様なゴッドイーターによって防ぎ続け、それが今も続いています。

2014-07-16-011139.jpg

そして、主人公達はブラッドとして…ゴッドイーターの先頭に立って導く存在として頑張って欲しいらしいです。


2014-07-16-011445.jpg

さて…訓練が終わり、いきなりジュリウス隊長に連れられて実地訓練です;
ジュリウス隊長…いくら訓練して敵が弱いタイプでも、下手をすれば殺される本物のアラガミにいきなりとは…;
因みに、いくら雑魚のアラガミでもゴッドイーターも普通に人間…不意を付かれたり、ミスをすれば殺されます。
流石にゲームの仕様上、主人公が戦闘でやられる事ありませんが…。

で、不意を付いて来たアラガミを片腕で止めて…カウンターで倒すジュリウス隊長…それ大丈夫なのですか?;

2014-07-16-011416.jpg

そして、雑魚をある程度倒すと…ジュリウス隊長がブラッドとしての潜在能力、血の力を発動させ…ブラッドアーツで雑魚を一瞬で倒しました。

2014-07-16-011828.jpg

…凄い攻撃ですね、これがブラッドのゴッドイーターらしいです。

さて、実地訓練も終わり、拠点に戻ってラケル博士に詳しい事を聞きに行きました。

2014-07-16-012046.jpg

ブラッドアーツとは、神機固有の物で…血の力の一部の様です。
神機を使い続けると…その神機の内部が強化され、先程の様な攻撃が出せたり、普段の攻撃が強化されるらしいです。
一応、ブラッドアーツは神機固有な為、他の人がその神機を使えば…血の力を持たない人でもブラッドアーツが使えます。
けど…神機にあるコアには、ゴッドイーターに対して適正があり…適正が合わないと細胞に捕食されたりします。
また…神機はそのコアの性質上、生産性かなり悪く…生産数も少ない為、もしもゴッドイーターが死亡や引退した場合…その神機は他の適合者に引き継がれるが…それでも適合せずに倉庫で眠った神機も少なくないらしいです。
つまり、ブラッドアーツが他の人に使う…というのは非現実的で、実質ブラッドのその人専用の様です。

次に血の力についてですが…これはその人固有の潜在能力で、人間の思いが増幅され…それが周囲に伝達され自分の限界を超える力を得るらしいです。
この力の1つに、ブラッドアーツが含まれ…意思の力であるみたいです。
血の力を使うには…血の力に目覚め、覚醒しなければならないが…どうやって目覚めるのかはその人次第であり、確定的な方法が無い為に推測の域を出ない様です。
一番近い方法が、その人の意識や心に密接に関わる何かをきっかけに目覚めるらしいです。

とかなり難しい様です。
因みに、ジュリウス隊長は既にどちらも目覚めていて…ジュリウス隊長の血の力は、周囲のオラクル細胞を制御…支配してゴッドイーターの力を増幅させるらしいです。
もちろん、血の力は人それぞれ違っていて、主人公もまた違うのが目覚めるかもしれません。


と長くなりましたが、ここまでです。
実はこれをやり直して始めたのはかなり前で…ようやく書いた次第です。
PSO2やガンダムばかりしていた為、なかなか書かず…遅くなりました;

また、説明をいろいろ書きましたが…知らない人にも分かりやすくと思って書いたのです。
ただ、要らないと思う声があれば普通にゲームの進行状況だけ書いて行きます。

しばらくは、放置になりそうですが…;

それではまた。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。